© SOCIAL Co., Ltd. All rights reserved.

ちょいぶら 気になるスポット

20193/10

※この記事は2019年3月10日の情報です。掲載以降に予告なく変更される場合がございます

個性的なモニュメント

岩間正男氏制作のモニュメント

岩間正男氏(1926〜2013年)といえば、北上市ゆかりの美術家。北上市文化交流センターさくらホール二階には、岩間氏が制作した独創的なモニュメント「音」が展示されています。

高さ約0.8メートルから約2メートルほどの長短の円筒(金属)を4つ配置したもので、空間を引き締めている感じがします。消音、吸音によって静けさをかもし出されるとの願いがあるようです。

もともと市技術交流センターに展示されていたものを、さくらホールに移設したそうです。市内のいろんな場所、施設に岩間氏の作品がありますが、「音」も含め独創的、個性的な作品ばかりです。

【ちょいぶら 第152回】

ちょいぶら 気になるスポット

20198/7

ツバメの子育て

この時期、ビュンビュン飛んでいるツバメを目にします。わが家の車庫内でもツバメが巣をつくり、子育てに励んでいます。 五月ごろに一度巣をつ…

20185/6

彫刻「EVE」

日本現代詩歌文学館が建つ詩歌の森公園を散策。自然がいっぱい。天気のいい日で、立ち止まりながら木々や花の写真を撮っている人の姿も。ゆったりと落…

20188/3

しらゆりの花

北上市の花といえば、昭和の名曲「北上夜曲」の歌詞にも織り込まれている「しらゆり」(ヤマユリ)。そのしらゆりが市総合運動公園付近に咲いてい…

ちょいぶら 気になるスポット

20197/19

紫陽花

この時期の花といえば「アジサイ」。漢字にすると「紫陽花」。趣がありますね。 民家の庭や公園、道沿いなど、どこでも目にする伝統的な花。青…

ちょいぶら 気になるスポット

20226/18

一本足の白鳥

早朝の大堤公園。ほとりで、二羽の白鳥が休んでいます。体を丸めていた一羽の白鳥が突然立ちあがり、こちらを見て一本足になりました。いったい何…

ページ上部へ戻る