© SOCIAL Co., Ltd. All rights reserved.

外国のお菓子

20181/5

※この記事は2018年1月5日の情報です。掲載以降に予告なく変更される場合がございます

外国のお菓子

知人からいただいたお菓子。袋を開けたら、大きさ5センチほどの雪だるまの形をしたお菓子が出てきました。冬にぴったりだが「何だ、これ?」。袋の裏には「マシュマロキャンディー」と印刷されています。スウェーデンからの輸入菓子みたい。

形はユニークだが、口の中に入れたら、とにかく甘い。甘さが濃いのだ。しかもマシュマロなのにチューインガムのような歯応え。一個食べたら、あとはいいという感じ。

外国のお菓子って、全般的に甘みが強すぎるし、くせが強く、苦手。ナチュラルな日本の菓子が一番おいしいと思います。

これも文化の違いか。

【ちょいぶら 第138回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメント投稿時の注意および禁止事項を守り、楽しくご利用下さい

早朝の展勝地公園

20187/5

早朝の展勝地公園

この時期は午前4時を過ぎると屋外は明るくなります。久々に展勝地公園を早朝散歩しました。 レストハウスの方から珊瑚橋の方へ。桜並木とその周辺…

滝見だんご

20186/10

えむえむの編集後記 Vol.150

県南観光してきました。 平泉・厳美・猊鼻渓。平泉ではおそばを食べて、厳美ではお団子とジェラード食べて、猊鼻渓では鮎の塩焼きを食べて… ど…

20188/3

しらゆりの花

北上市の花といえば、昭和の名曲「北上夜曲」の歌詞にも織り込まれている「しらゆり」(ヤマユリ)。そのしらゆりが市総合運動公園付近に咲いてい…

20182/3

大相撲観戦

今回はちょいぶらではなく、東京・国技館まで行ってきました。もちろん、大相撲一月場所の観戦です。たまたまチケットが手に入ったのです。 国技館…

キャンプの季節

20186/10

キャンプの季節

休日の早朝、北上総合運動公園を犬を連れて散歩。 大堤のほとりのキャンプ場には大小4張りのテントがあり、テーブルを広げて朝食を取っている家族…

ページ上部へ戻る