© SOCIAL Co., Ltd. All rights reserved.

外国のお菓子

20181/5

※この記事は2018年1月5日の情報です。掲載以降に予告なく変更される場合がございます

外国のお菓子

知人からいただいたお菓子。袋を開けたら、大きさ5センチほどの雪だるまの形をしたお菓子が出てきました。冬にぴったりだが「何だ、これ?」。袋の裏には「マシュマロキャンディー」と印刷されています。スウェーデンからの輸入菓子みたい。

形はユニークだが、口の中に入れたら、とにかく甘い。甘さが濃いのだ。しかもマシュマロなのにチューインガムのような歯応え。一個食べたら、あとはいいという感じ。

外国のお菓子って、全般的に甘みが強すぎるし、くせが強く、苦手。ナチュラルな日本の菓子が一番おいしいと思います。

これも文化の違いか。

【ちょいぶら 第138回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメント投稿時の注意および禁止事項を守り、楽しくご利用下さい

20191/12

カモだって

新しい年。「平成」最後の年ではありますが、自然界はたいして変化なく、いつものように上空を白鳥が飛んでいきます。 大堤池では多くのカモた…

20188/3

しらゆりの花

北上市の花といえば、昭和の名曲「北上夜曲」の歌詞にも織り込まれている「しらゆり」(ヤマユリ)。そのしらゆりが市総合運動公園付近に咲いてい…

20189/13

えむえむの編集後記 Vol.153

新幹線の移動には、必ず飲み物とおつまみを持ち込んで旅行気分で楽しみます。 駅の売店でいつものようにカゴを持っておつまみを探していたら、゛焼…

20182/3

大相撲観戦

今回はちょいぶらではなく、東京・国技館まで行ってきました。もちろん、大相撲一月場所の観戦です。たまたまチケットが手に入ったのです。 国技館…

20187/5

えむえむの編集後記 Vol.151

世界中がワールドカップで熱くなっています。日本の選手は体格やビジュアルでは他国より少々負け感がありますが、スタミナは十分に有りますよね。結構…

ページ上部へ戻る