© SOCIAL Co., Ltd. All rights reserved.

20183/8

※この記事は2018年3月8日の情報です。掲載以降に予告なく変更される場合がございます

氷上の白鳥たち

氷上の白鳥たち二月下旬。大堤公園辺りは、あちこち除雪した雪の山。今冬が例年より雪がかなり多いことが分かります。隣の新堤も一面氷が張っており、氷上には三十羽以上の白鳥とカモたちがいました。

駐車場に車をとめると、ほとんどの白鳥たちがこちらに向かって氷上をよちよち歩いてきます。中には、柵を乗り越えて近寄ってくる白鳥も。人に対する警戒感がありません。

おなかが空いているのでしょうか。とは言っても、餌を与えるわけにもいかないし。自然を相手にしている野鳥なのだから、生きていく術は知っているはず。元気に飛び立っていくことを期待しています。

【ちょいぶら 第140回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメント投稿時の注意および禁止事項を守り、楽しくご利用下さい

20182/3

大相撲観戦

今回はちょいぶらではなく、東京・国技館まで行ってきました。もちろん、大相撲一月場所の観戦です。たまたまチケットが手に入ったのです。 国技館…

キャンプの季節

20186/10

キャンプの季節

休日の早朝、北上総合運動公園を犬を連れて散歩。 大堤のほとりのキャンプ場には大小4張りのテントがあり、テーブルを広げて朝食を取っている家族…

外国のお菓子

20181/5

外国のお菓子

知人からいただいたお菓子。袋を開けたら、大きさ5センチほどの雪だるまの形をしたお菓子が出てきました。冬にぴったりだが「何だ、これ?」。袋の裏…

大堤公園のテント

20178/10

テントだらけ

夏場は早朝の散歩が気持ちいいです。この前の休日は蒸し暑くなる前の時間帯、大堤公園を犬を連れて散歩しました。木々に囲まれたキャンプ場には六、七…

20185/6

彫刻「EVE」

日本現代詩歌文学館が建つ詩歌の森公園を散策。自然がいっぱい。天気のいい日で、立ち止まりながら木々や花の写真を撮っている人の姿も。ゆったりと落…

ページ上部へ戻る